営業職の職務内容に限界を感じたから

わたしが新卒で入社した、営業の仕事は残業が多く、土日休みでなかったため、とにかく身体や心が休まらず、常に仕事のことをかんがえているような生活を送っていました。
せっかく入社した会社だからとなかなか転職に踏み切ることができませんでしたが、同期の半部以上が辞めたことがきっかけとなり、自分も新しい道を探したいと思い転職に踏み切りました。
その後半年かけて転職した営業事務の仕事では、残業があっても自分で仕事量を調整することができ、またその前に培ってきたスキルも役に立ち、あっと言う間に営業サポートリーダーになることができました。
土日休みになったことで、仕事とプライベートのバランスがよくなり、自分の時間も持てるようになったのもとてもよかったと思います。

仕事も営業や接客などいろいろある

休日は仕事のことを忘れてプライベートの時間を楽しむことができ、今はとても充実しています。
我慢していやいや仕事を続けているより、ちょっとの勇気で毎日がこんなにも変わるのだなと実感しました。
これから転職をしようと考えている人は働きながらでも、自分はなにがやりたいのかを考え、スキルアップをしておくことはとても大切だと思います。
それが自信になり、あたらしい一歩が踏み出しやすくなると思います。

安価な勤怠管理システム
価格固定なので拠点数や従業員数が多い企業さまにメリット大。面倒なセットアップなしで全従業員のパソコンから利用可能。
biz-work.jp/

«
»