会長の機嫌で会社を退職させられました

この度入籍し、出産を控えた為に育児休暇と産休を会社に申請しました。申請書類の説明を受けたり、金額の計算等の話も人事と行い、手続きを通常通り行っておりました。しかし、産休希望の半~1ヶ月前に人事の人より呼び出しがあり「会社を今すぐ辞めて欲しい」とのことでした。会長の意向のようでした。
会社グループ内において約1年前に不祥事があり、その不祥事に関して旦那が何か知っているのではないかという疑惑が会長にあったようです。事実、旦那はその事件に関係はありませんでしたが、疑われた旦那は様々な理由から転職をしたこともあり、尚更会長の疑いの気持ちが高まっていたようでした。
そのタイミングで自分の社員が、入籍・産まれる子供がその疑惑がかかっている元社員の妻になっていたことを知ったようでした。
2年目でしたが、他から認められる程努力と結果も出してきたつもりでしたし、上司や後輩との関係も良いものでした。法律的にも強制的に辞めさせられることはないのですが、ほとんど会ったこともない会長より心無い言葉を人事より伝い、辞めることとしました。とても悲しかったですし、「こんな会社で申し訳ない」と上席に言われることも悔しかったです。現在産休取得中です。育児休暇の申請もそうですが、時短等の申請の手引き自体を会社がきちんと行わないといけない雰囲気になるといいなと思います。また、今の時代は育児休暇を取得することが出来ることの方が多いかと思いますが、復帰したくても保育園等に預けられず、復帰が難しいのが現状です。これだけ待機児童、待機児童とニュースで話題になっているにも関わらずすぐに解決できる問題でもないので、ここ1、2年での解決は難しいと思います。企業側もやはり変わっていかなくてはと思います。そこで、託児所を併設してもらえるなら、出社する社員は余計な心配や労力をかけずに済みますし、安心して仕事とも出来ると思います。

«
»